« | トップページ | »

2011年5月 9日 (月)

ポン・デ・ケイジョ

S056tiltshiftポン・デ・ケイジョ ・・・

ポルトガル語でチーズパンのことね。

ブラジルのミナス・ジュラス州で生まれたパンの一種ね。ブラジルポルトガル語の発音に近いカタカナ表記では、パン・ジ・ケイジョだって。

左はよくパン屋さんでも見かけるね。右側のは小麦胚芽がすこし混ざっています。

お隣の席で習っていたおばあさまにいただきました。金曜日にご一緒してて、「またいつかご一緒できるといいわね。明日いらっしゃる?」なぁ~んて声をかけていただいていましたら、なんと今日また一緒の時間でした。偶然ですね。

これ、白玉粉で作ってるのです。パンといいながら、イースト菌はいらないの。

じゃあ、なんで膨らむの???

白玉粉のもちもちっじゃないでしょうか? それほど膨らむわけではなくて、むにょって割れてましたね。小麦胚芽のほうは生地が重いので割れないの。コロコロね。

S057tiltshift

あたしはこちら、ココショコラ。

簡単ですね。ココアとスイートチョコがはいって、ココショコラ。

ポン・デ・ケイジョもココショコラもギフト用のレシピ。ポン・デ・ケイジョは16×2種類 計32個、ココショコラは15個出来上がりました。画像は、焼きあがって粉雪砂糖をまぶしてるところ。あしたになったら、粉雪砂糖は溶けちゃうらしいよ。

|

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« | トップページ | »