« 青の街  茶色の町 | トップページ | »

2011年11月18日 (金)

カフェで遊ぶ 影で遊ぶ

S004

きょうは冷たい風もなく、のんびりぽくぽくした日でしたね。空を見上げて、どんな雲が浮かんでいるか帽子のひさしをあげてみたり、道行く先の花壇の様子をながめてみたり、急がなくていい空白の午後の時間・・・そこで、目に飛び込んできたのは民家の片隅で開いているカフェの企画展、「くぬぎの森のクリスマス展」の看板でした。

てっきり開催中だと思ったら、今日は展示の準備中。

また出直しますって言ったけど、準備中も見てみるといいって誘ってくれたのでおじゃましてきました。(ほんのすこしね、作業のじゃましないように)

そっ、そうそう、見つけた看板に惹かれたのは、ぜ~んぶ天然素材でできていたから。小枝に木の実の組み合わせ。ちいさなちいさな世界は童話の世界。

猫じゃらしによく似た植物をくっつけて作ったウサギがたまらなく可愛かった。

もみじの種、プロペラみたいなちいさな種、それをあたまにのっけた木の実の妖精とかね。目も鼻もう~んとちいさい種でした。

その展示の舞台のひとつになっていたのがこれ、タカサゴユリの種。

↓同じものが近所にあって、なんとなく気になって見ていた。これと同じのでした。

S011

空に突き刺すような背丈があるんだよ。

風に飛んでどこかの庭に目を出すよ。

そんな風にね、ありゃま?!って、驚かせるんだよ。いつのまに?ってね。種にプロペラ、よくできてるもんだね、自然の・・・? なんていうんだ? 仕組み? システム?

S005

S006_2

S007

S008_2

これね、なんとなく直感だけど・・・

インディアンが双眼鏡で遠くを見はっているように見えちゃうの。なんとなくね。ちいさな人間に見えちゃう。

S009

S010

|

« 青の街  茶色の町 | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青の街  茶色の町 | トップページ | »