« | トップページ | »

2012年8月 2日 (木)

朝刊の編集手帳というコラムにこんな記事がありました。

『おみやげ三つ』という童謡がある。・・・(はい、ぜんぜん知りませんでした)

<おみやげ三つに たこ三つ /もらってにっこり さようなら>詞・西条八十、曲・中山晋平

・・・(そうなんだ、西条八十なんだ。しらなんだ)

遊びを終えた子供たちは昔、別れ際に背中をポン、ポンとたたき合っていたという。「またあした」の意味らしい。

ちょっと調べたら、それにまつわるお話が出てきたり、わらべうたのような歌詞が出てきたりしました。

今の子供たちの中にも流行りの歌があるのかな???

・・・おばけは消える・・・消えるは電気・・・電気は光る・・・光はおやじの○○○たま?

(あたしは歌った記憶はないのですが、このような歌の存在は知っていました)

記事によると・・・どうも上映中の劇場アニメ「おおかみこどもの雨と雪」(細田守監督)にそのうたい文句が出てくるらしい。

・・・そこで母親が、怒りを鎮めるおまじないとして、<おみやげ三つ、たこ三つ>を教えるとか。

こらえきれない時に唱えなさい、とね。

美しい風景の中で、胸にしみいる物語。見どころが多いそうです。

こころが解けるのかな?

音のリズムがいいのかな?

<おみやげ三つ たこ三つ / もらってにっこりさようなら>

たこやき食べたくなってきたね^^

ごきげんよう~☆

|

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« | トップページ | »