« | トップページ | »

2012年10月14日 (日)

今日は、植物の植え替えをしました。

チェリーセージ(ローズ)は地植えに。

リッピア(スイートメキシカンハーブ)、ホワイトコンロンカ(ハンカチの木)、ラムズイヤーはそれぞれちいさな鉢に。

リッピアは軽く触ると甘い香りがします。

垂れ下がるように咲くところが気に入っています。

冬は落葉しますが、春になると枝から新芽を出します(ちいさなカードにそんな風にかいてあります)春が待ち遠しくなりますね。マテ茶の甘味料に使われてるんだって。

ハンカチの木はね、白い葉っぱのようなガクがついていて、ちいさな黄色い星の花が咲いています。暑さには強いけれど寒さには弱いって。あたしは暑さには弱いな。

シソ科のチェリーセージは丈夫そう。乱れるほど育ったら切り戻し。どんどんカットするのも園芸のお仕事ですね。

せっかく育ったのにと、最初は剪定することに慣れませんでした。抵抗を感じていました。

ですが、葉っぱを三枚くらい残してカットしていくと、そのあとの生育が良くなるそうなので、最近はばっさりバサバサ潔く作業がすすめられるようになりました。慣れですね、慣れ。

しかし、園芸の道はかなり遠い。

この夏も、つい最近も、虫にやられると気持ちが萎えて、しばらく作業に力が入りませんでした。

しかし、ここでやめてしまったら、目も当てられないお庭になっちゃう!

それはこまるこまる。

植物は同じ品種でも、置き場所が1メートル離れているだけで生育に差が出るそうです。

風通しと光の具合と愛情と。あっ、お水。

育てているのですが、実は自分が育ってる。お花と一緒にすくすく育っているのはあたしです。

今あるラムズイヤーは地植えで1年目。

増えたには増えたのですが、バッタさんに好かれちゃうし、激しい雨に打たれると辛そうです。そこできょうは、150円の苗を2つ買ってきました。(なかなかありそうで出回らない苗なのです)

うまく育てると、ビロードのようにすこし光った美しい葉が繁るのです。楽しみです。

写真はまた後日投稿します。

|

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« | トップページ | »